本文へ移動

植栽・保育

森林造成 苗木の植栽・保育

地拵(ぢごしらえ)

苗木を植える所の笹を、刈払機を使い刈り払いをしているところです。木が生えていないこの写真のような笹原は、笹が密生しているため刈り払いは重労働です。

植付

笹を刈り払った所に、苗木を植えています。苗畑で4~5年育てた苗を使用します。
この苗木が大きくなり、建築材に使用できるまでには60年以上の年月が必要です。

下刈

苗木に被いかぶさるように繁茂したイタドリや笹を刈り払い、苗木に日光を当てて光合成を促します。苗木が笹等より大きくなるまで、6~7年くらい毎年刈り払いを続けます。
 樹木は、炭素を固定することから植林面積が拡大することによって、地球温暖化防止の一翼を担います。
株式会社旭友興林
〒070-8004
北海道旭川市神楽4条 5丁目1番32号
TEL:0166-61-1426
FAX:0166-61-1728

・森林作業のための機器等の販売
・森林内における林道
・治山工事
・森林の植栽・保育・造材・ 丸太販売などを通じて、環境 改善、森林資源の整備・充実 に努めています。

●平成14年12月に国際規格である ISO9001(品質)、平成15年 12月にISO14001(環境) を取得
0
0
9
6
6
4