本文へ移動

吹付緑化

吹付緑化

大雨が降り土の中に水が溜まると重さで斜面が崩れ落ちたり、斜面の下が沢水でえぐられたりすると生えていた草木とともに表面の土が崩れ落ちて、地面がむき出しになります。
崩壊した斜面に再び草を生やして緑地にする一連の作業です。
むき出しになった地面に、金網をかぶせているところです。
20Cmから60Cmの鉄筋をハンマーで打ちこんで斜面を覆った金網を貼り付けているところです。
タンクに、杉の樹皮・牛糞・黒土(緑化基盤材)に、肥料、のり(粘着材)、草の種、水を入れてかきまぜて、ヘドロ状にします。
圧送機で、タンクにつないでヘドロ状の緑化資材を高い所へ送り、下の写真のように、圧搾空気を使い吹き付けます。
緑化基盤材です。
60Cmの鉄筋の写真です。
斜面の約半分を吹き付けたところです。厚さは3Cmから5Cmでこの場所は5Cmの注文です。指定された厚さに吹き付けるということがわりと技術のいるところで、当社の経験者が吹き付けているところです。
この場所は秋に吹き付けましたので、翌春には裸の斜面が緑に覆われます。
株式会社旭友興林
〒070-8004
北海道旭川市神楽4条 5丁目1番32号
TEL:0166-61-1426
FAX:0166-61-1728

・森林作業のための機器等の販売
・森林内における林道
・治山工事
・森林の植栽・保育・造材・ 丸太販売などを通じて、環境 改善、森林資源の整備・充実 に努めています。

●平成14年12月に国際規格である ISO9001(品質)、平成15年 12月にISO14001(環境) を取得
0
0
9
3
0
7